小暮公延

信頼できる副キャプテン

小暮公延は他のスタメンキャラが濃すぎて、イマイチ緩衝材になりつつある彼ですが、副キャプテンです。

 

誰よりも赤木やチームを支え、ひた向きに湘北を3年間守り続けた1人です。スタメン以外のメンバーについては描いていても仕方がないところもあるのですが、もう少しスポットがあたることがあってもよかったのでは?と思ってしまうほどです。

 

彼の縁の下の力持ち的ポジションは初登場から変わることはありませんが、普段温厚で優しい彼も三井のバスケ部襲来事件では若干キレたりもします。

 

同じ学年で憧れ、バスケ部に入ったメンバーの1人だからこそ「そんなくだらないことするなよ」という悔しい思いが深くでたシーンです。

 

全く描かれてはいませんが、きっとチームミーティングなど頭脳を使うところでもっと副キャプテンらしいポジションでゴリゴリ存在感を見せつけていたんじゃあないかなと勝手に思っています。